株価が上下にバウンドしつつも、一点に向けて集束しているチャートの形を一般に“三角型”という。
三角型では収束点において株価が上又は下に大きく動くことが多い。
下のチャートはきれいな三角型を形成したあと上離れした例。
このようにチャートに線を引いて見ると収束点がわかりやすい。




★f77の攻め方
実は三角型には様々なパターンがある。代表的なものとして上の線が水平で下の線が上昇しているものを「上昇三角型」、上の線が下降し下の線が下降もしくは水平で全体的に下降気味のものを「下降三角型」という。
また上で示したチャートのように、きれいな二等辺三角形のような形になるものを「対称型」という。
私が狙うのは「上昇三角型」もしくは「対称型」で「下降三角型」は買いません。
買うタイミングは収束予想点の少し前あたりか。
また、
下降相場の途中での三角型は下離れの危険性が高いので買いません。
底を打ったと思われる上昇相場途中の三角型を狙うべし。


※ここに書いてある説明が全くわからんって人には“イチバンやさしい株価チャートの読み方”がお薦めです!
←TOPへ    諸注意

三角型

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO